住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいの場合の持ち家の経費負担と賃貸での総合的な経費負担の比較と人生設計での計画の費用のことを書いています。

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいでの持ち家の経費と賃貸での経費の比較

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です
住まいでの持ち家と賃貸での住まいの経費を比べてみると、それぞれどちらが有利になるかということがわかります。普通は賃貸では今の家賃を払い続けても自分の家にならないので、住まいを購入して住宅ローンを払い続けたほうが有利ではないかという議論が有力ですが、実際はどうかということも考えてみなければならないと思います。他人の場合には人ごとで良いのでしょうが、自分の人生に関わってくると、また別の問題になります。それで持ち家と賃貸での必要な経費の比較もしておくと良いでしょうし、知っておくと良いということになります。メリットとデメリットを調べる基準のひとつになるからで、数字なので説得力もあります。

経費ということでは持ち家の場合に計算すべき項目は物件価格、購入の為の諸費用、ローン金利、毎月の管理費や修繕積立金、毎年の固定資産税、都市計画税、そして専有部のリフォーム費用などです。賃貸の場合には毎月の家賃、2年毎の更新料、定期的に引越しをする費用、敷金、礼金、仲介手数料等で、それらを比較して有利な方を選ぶということと、それ以上に重要な事は高齢者になった後までの人生設計の経済的な費用などです。それで比較することが必要になります。