住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいでの持ち家の金利での経費のスリム化と賃貸での引っ越しの回数の経費のスリム化を書いてみました。

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいでの経費のスリム化

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です
住まいを購入する場合でも賃貸で借りる場合でも、必要経費はかかります。それらを少なくできれば、それが長い人生の全てで、費用のスリム化というメリットで経済的に効果が出てくるということになります。例えば持ち家の場合には金利が非常に重要になりますが、今の史上最低の住宅ローン金利は、持ち家を持とうとする人には非常に有利で、それは長期間多額の資金を借りるからで、金利がかかるからです。その金利が非常に安いということは、それだけでも経費のスリム化にはとても有利ということになります。同じ金額を借りる場合でも総支払額が大きく変わってくるからです。金利で膨らんでいく借金は非常に恐ろしいものでもあると思いますが、金利が安ければ精神的にも安心して返済できます。

賃貸の場合でも同じで、例えば引っ越しの費用を考えると家族の場合には、特に引越の回数分だけ費用がかさみます。10年間同じ住まいで過ごせるほど気に入った住まいを見つけられた場合と、10年間で5回引っ越した場合では、多分多額の費用の違いになってくるのではないかと思います。また精神的な負担も大きいでしょう。そのように環境や状況の条件次第でも相当な金額の違いになるのが住まいという不動産に関わってくる経費ということになります。ですので、住まいでも常にスリム化を考えるべきではないかとも思います。