住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいですとやはり間取りって気になる部分だし重要視する人が多いです。そのことについて詳しく書いてます。

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいの理想的な間取りについて

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です
住まいといえば家の間取りも思いつくかとおもいます。住む場所を決めるときにアパートでも一軒家でも間取りをまずはみますよね。部屋は何畳あるのかとか何部屋あるのかとか。お部屋の写真がなくても間取りをみればある程度はイメージできます。理想的な間取りですと一軒家だと2階には3部屋はほしいです。自分の寝室に客間が2部屋で。客間は和室にしたいです。広さは6畳ほどで充分かと。自分の部屋ですと7畳ほどあれば充分です。1回は台所と居間とあとは客間を1つはほしいです。

風呂は広くなくてOKで普通並の大きさで充分かとおもいます。以上のことを重要視してるんです。これくらいの間取りだとおすすめだし住みやすいはずです。1〜2人住まいでの設定ですけどね。もっと多い家族ですともうちょっと部屋数は必要になってきます。客間は1つ減らすかもしれませんし。アパートの理想的な間取りですと居間と寝室と客間の3部屋あれば充分です。やはり居間と寝室だけだと誰か来たときに泊まらせにくいとおもいますのでちゃんと客間と客用の布団は用意しときたいです。階ですと1階がいいです。足音が煩いほうなので下に響かないためにも1階なのです。できれば角部屋がいいです。