住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

高齢者の介護のためを考えて作られたマンションという住まいなら、何とか自宅介護ができそうです。

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

介護に適したマンションという住まいに

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です
今、自宅でアルツハイマー型認知症の父の介護をしていて思うのが、将来は介護がしやすいことをウリにした一戸建てや分譲マンションが多く登場してくるのではないかということです。現在でも、ああ、家の中でも車椅子が使えるほど広ければいいのにと思いますし、階段を上り下りしてあくまでも二階の自室に行くというのであれば、階段の手すりに沿って上がるリフトが取り付けられているところもあります。若いうちは、自分には関係ないと思っていたことも、目の前で人間の体が弱っていくのを見ていると、いつかは自分もこうなるのだと思ってしまいます。

その苦労を少しでも和らげるべく、車いすが上り下りしやすいようにスロープがあったり、家の中も楽に動けるような床素材で作った、いわゆる住宅介護に適したマンションができるといいなと思います。そうすることで、周りには似たような人たちが集まってくるでしょう。お互いにわかりあっていたり、経験済みだったりして、もしかするとマンションの住人同士のコミュニティはより深まっていくかもしれません。そうなると地域支援も受けやすくなりますので、住まいの購入をそこそこの年で考えると、こうした選択肢が早く出てきてほしいと思います。