住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいに関しての持ち家が有利なのか賃貸で住み続けることが有利なのかということなどを簡単に書いています。

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です

住まいの購入と賃貸のメリット

住まいの立地を考える時は希望を整理することが大切です
住まいを購入したほうが良いのか賃貸で住み続けたほうが良いのかという議論が昔からあり、それは住まいに関しての永遠のテーマのような議論ですが、答えがないわけではなくて、それぞれの人の人生を振り返ってみれば答えが出ているということになります。一般論での答えとその人個人の人生での条件などからくる答えがあるということですが、一般的には持ち家の購入でも賃貸を借り続けていても総合的にはあまり変わらないということで、専門家の話では少しだけ賃貸のほうが有利かもしれないということのようです。不動産価格は上下しますが、それと同じように賃貸の家賃も上下するということで、個別物件の条件は違いますが、全体的に見ると同じように動くということではないかと思います。

大雑把にメリットを分けるとすれば、持ち家の場合には満足感が得られるということが、多分一番のメリットではないかと思います。人生の大きな目標を達成したという自己暗示のような満足感ですが、幸福感が人生の大きな幸せのひとつということでは、この主観的な思いを満足させる持ち家の取得は大きな幸福感の条件のひとつになります。実際はそうでなくてもです。また賃貸の場合には自由さということが大きいと思います。住宅ローンなどの金銭的な重荷を背負わなくてすむ、またすぐに転居できるので人間関係に縛られなくてすむということでもあります。

おすすめ